銀歯を白くする(保険診療・自費診療) | 柏駅東口徒歩1分の歯医者 デンタルクリニック柏 土曜・日曜も診療 初診24時間ウェブ予約

銀歯を白くする(保険診療・自費診療)

気になる銀歯を白くしたい

銀歯を白くする

「笑う時とか口を開けた時に銀歯が見えるのが嫌だな」


「銀歯が溶け出したり、金属アレルギーが心配だな」


このような銀歯のお悩み、ございませんか。


当院では「銀歯を保険治療で白くする方法」と「銀歯を自費治療で白くする方法」と患者様のご希望に沿って、メリット・デメリットをお伝えした上で治療を進めさせて頂きます。

銀歯を保険治療で白くする方法

保険診療ではできるだけ樹脂(レジン)の白い歯を使います。


今までは奥歯の大きな詰め物や被せ物では強度を確保するために銀歯となっていましたが、大きい銀歯も保険内で白くすることができます。


奥から3番目、4番目の第一小臼歯、第二小臼歯がハイブリットレジンという強化プラスチック冠で保険治療することができるようになりました。


保険診療3割負担の方で7,500円程度です。

銀歯を自費治療で白くする方法

自費診療で使われる詰め物や被せ物はイーマックス(陶器・セラミック)やセラミックとプラスチックの混合物のハイブリット、ダイヤモンド並の硬さのあるジルコニアなどを主に使います。


特長としては
・経年変化による着色や劣化に強い
・見た目の白さが自然の歯に近い
・虫歯の再発が起こりにくい
・金属アレルギーにならない
・ブリッジなどのつながった歯にも対応(ジルコニア)
・汚れがつきにくく、落ちやすい


例えばカレーライスを食べる時の、プラスチック製とセラミック(陶器)製のお皿(=歯)の、汚れの付きやすさと落としやすさの違いです。


自費診療のデメリットはやはり患者さんの負担金額が保険診療よりも大きくなることです。
当院では金属アレルギーなどへの対応もあり、一般的な相場価格よりも大幅に価格低減を実現したものもあります。


それぞれのタイプの違いについては次の通りです。

ジルコニア

・ダイヤモンド並の強度を持ち、力の加わる奥歯には最適です。

・複数の歯がつながったブリッジにも使える白い歯のセラミックです。


イーマックス(セラミック)

・100%セラミックの美しい透き通った白さで前歯に最適です。

・今までのセラミックよりも強く詰めものにも使え、着色にも強いです。

・被せ物(クラウン)で歯の支え(コア)も白いファイバー製のものをお薦めします。


ハイブリッド

・最近はセラミックスの含有量が増えて品質が向上してきています。

・金属を使わないハイブリットは、保険のプラスティック製よりも高品質です。