健康な歯ぐきとは | 柏駅東口徒歩1分の歯医者 デンタルクリニック柏 土曜・日曜も診療 初診24時間ウェブ予約

健康な歯ぐきとは

ここ最近、ずっと感じている歯ぐきの悩みとは?

shock_woman

虫歯がない方に多く見受けられます。
虫歯のような鋭い痛みでもなく、何となく虫歯とは違うような気がするけど…、

  • ・堅いものを食べることができない。
     または、特定の場所の歯では痛くて噛めない。
  • ・出血があり、食べ物の味が楽しめない。
  • ・自分の口臭が気になっている。
  • ・朝起きた時など、口の中がネバネバした感じがある。
  • ・インプラント治療をしたが、すぐに抜けてしまった。
  • ・何となく身体がだるい感じがする。

そんなお口のトラブルを解消して、いつも気がねなくスッキリと食事を楽しめるという、ごく普通の生活をしたいですよね?

これらの状態は、歯周病(歯槽膿漏)や歯肉炎である可能性が疑われます。
ほんの少しだけ、皆さんの健康習慣を変えるだけで、80%以上の方は健康な歯ぐき(歯肉)に改善していくのです。

歯周病への有効な対処法とは?
歯周病をはじめとするお口の病気は細菌の感染による慢性病であり、一時的に症状を改善したり、コントロールをすることはできますが、何もしないと再発が多く完全な治癒は難しいのです。

特に歯周病菌は誰のお口の中にも常に存在している細菌で、その数は数十から数百種あると言われております。ですから身体を傷つけずに細菌だけを殺す特効薬も作れません。医院で使われる薬剤も一時的につらい症状を抑えているだけに過ぎません!

したがって、つらい症状が落ち着いた後からの、定期クリーニングを始めないと、また再び細菌による症状が出てしまいます。 歯周病は、虫歯のように削ったり詰めたりする治療のような短期間での大幅な改善が期待できず、むしろつらい症状になってからの治療だけでは再発が多く見受けられる病気です。

まずは、つらい痛みや腫れの対処からおこないます。その後も根本的な原因の除去や軽減のために、予防歯科で歯石や歯垢(プラーク)の除去をおこなう専門家の歯科衛生士によるクリーニングを中心とした定期クリーニングが効果的です。 それが「健康習慣を変える」ということです。

全身の健康にも影響します!

naizou_woman_bad

歯周病が関連する全身の病気
実はお口の健康は全身の健康にも影響を与えていると、歯科では以前から経験的に言われています。

身体のだるさ、糖尿病、肥満、高コレステロール、
高脂血症、腎炎、敗血症、
動脈硬化や血栓などの心臓疾患、バージャー病、
(嚥下性)肺炎、骨粗鬆症、関節炎、
早産や低体重児出産
などは歯周病と相互に関連があると言われている全身の病気です。

では、何をしたら良いのでしょうか?

job_shikaeisei

定期クリーニングが本当の治療の始まり
歯周病の症状でお悩みであれば、まずはある程度の安定した状態になるまで、歯周病治療をおこないます。
その後は、しっかりとした受け入れ体制のある予防歯科で定期ケアーを続けることです。

各自の状況によって異なりますが、具体的にどのように、どこに気をつけて歯みがきなどのケアーをしたら良いのか?ご自身では取れない歯石や頑固な汚れ(歯垢・プラーク)は専門家の歯科衛生士が除去をしながら、快適に歯周病の状態と健康習慣を改善していきます。

それは「習慣」とあるように、継続的な取り組みが大切です。
この継続的な取り組みのお手伝いをするのが、これからの歯医者(予防歯科)の新しい役割です。治療のように強い痛みなどの不快感を覚悟する必要はありません。むしろ、通院されたときは心地の良い、癒される時間であるべきです!

歯周病の改善がはじまる兆候は?
まずは、朝起きた時のお口のネバネバ感や口臭などが軽減されたことを実感できたら、新しい健康習慣のスタートです。 以前のつらい治療が必要な状態ではなく、爽快で気持ちの良いお口の状態を維持して、さらに向上させていくことを目的とします。

痛くなくてもクリーニングで予防歯科へ通院するのは普通です。
クリーニングでの通院はお金も時間も、今までのつらい症状での治療ほどはかかりません。今までに歯石取りなどで痛みを感じて嫌がる方も多いようですが、 予防歯科のサンデンタルクリニックでおこなわれるクリーニングは今までの歯医者のイメージが変わったと、既にケアーでクリーニングを実践をされている患者さんでも言われます。

定期クリーニングをきっかけにして、つらい症状にまでなっていない潜在的で初期的な病気を治しながら、健康の維持と向上もさせるという、新しい歯医者との関わり方を一度は体験されてみてください。
つらい治療をしないために、日頃おこなう心地の良い治療が定期クリーニングなのです。

あらかじめ「クリーニングで」または「ケアーで」と予約をされてから来院されると、スムースに受診することができます。

少しだけ心配をされている方へ

Q:そう言いながら…、実は「虫歯治療」を狙ってませんか?
A: 虫歯を見つけたら、まずお知らせをします。もちろん当院でも丁寧に治療には対応しますが、虫歯治療の獲得を目的として、クリーニングをお薦めしているのではありません。
いきなりその場で虫歯治療を始めたりはしませんし、もし「かかりつけ」の他院があれば、そちらで虫歯治療をして頂いても構いません。
「クリーニングで」または「ケアーで」と予約や来院を頂ければその様な対応をおこないます。

Q:ケアーの定期クリーニングは痛くないですか?
A: つらい症状での治療と違って、痛みを感じるほどの処置そのものがほとんどありません。
予防歯科では継続的なケアーを歯科衛生士が丁寧に優しく続けていくことを前提にします。したがって、麻酔が必要なほどの痛くなる処置も、できるだけ避けているためにご心配はありません。

Q:歯石取りは血が出ませんか?
A: 歯周病のつらい症状から安定した場合は、歯ぐきの血もほとんど出ない状態です。
また、歯科衛生士は一度に血の出るほど無理をして歯石を取りませんのでご安心ください。

Q:歯石がたくさんありそうで恥ずかしいです。
A: なぜか中学校くらいから歯医者にあまり行かれない傾向が多くあり、歯の内側や隙間にたくさんの歯石がある方も見受けられ、極端に珍しいことでもありません。
20歳代、30歳代、40歳代と年齢に関係なく、気になった今を機会に予防歯科で綺麗にしておくことが、歯周病をはじめとするお口のトラブルの改善や健康増進につながります。

Q:歯石除去は何歳からすれば良いでしょうか?
A: 歯が生えていれば年齢に関係なくお勧めします。歯石は年令に関係なく誰にでも、いつのまにかついてしまうものです。
また小児であれば、まだ歯が柔らかく虫歯になりやすいために、あわせてフッ素やシーラントのような積極的な予防策をおこない、一生涯つかう永久歯を保護することもできます。

Q:お金がたくさんかかりませんか?
A: 健康保険を使う場合であれば、概ね2,500〜3,000千円ほどの負担金です。
最近の調査によれば、歯の定期クリーニングをされる方の生涯医療費は、痛くなってから通院される方よりも安くなるという結果が発表されています。
北欧諸国を始めとする海外のほとんどの先進国でも、医療水準を維持しながら生涯医療費を抑制するため、予防歯科での定期クリーニングによる受診に主流が移行しています。

このページの最上部へ戻る